プラセンタサプリは、豚、馬、羊、人どれが効く?

プレセンタサプリを選ぶ際の大事な基準の1つになるのが、プラセンタの原材料。そもそもプラセンタとは胎盤のこと。そして、そのプラセンタサプリの原料となる胎盤は、豚、馬、羊、人が元になっているのです。

スポンサーリンク

プラセンタサプリ、豚、馬、羊、人による効果の違い

このように書くと豚や馬、羊や人の胎盤をサプリとして摂取するの!?と思うかもしれませんが、安心してください。市販されているプラセンタは、胎盤そのものをサプリにしたわけではなく、胎盤にある美容成分や有効成分を抽出したもののことを指します。

実は、多くのプラセンタの広告やCMを見てみると、原材料のことについて触れられていません。

「豚の胎盤から出来たプラセンタ!」

…と書くことによって、売れ行きが悪くなってしまった過去があるから。そのため、

「セレブ御用達!」
「美肌に良い、アンチエイジングに良い!」

…と一方的にまくしたてるものが多いのです。

しかし、そもそもコラーゲンだって、DHAだって、効果的と言われているサプリは、動物由来成分から出来ているものが多いです。

プラセンタサプリもそれらと同じ。あまり意識をして心配する必要はありません。それよりも、しっかり調べないと原材料がわからない様なサプリメントを飲むほうが怖いですよね。

原材料の解かりにくい不安なサプリより、しっかり記載されているサプリを選ぼう!

そのため、このプラセンタサプリの原材料となる、豚、馬、羊、人などの胎盤。どのような違いがあるのか、どれが効くのか、確認し、原材料が分かりやすい商品を選ぶことが正解だと言えます。

豚のプラセンタサプリ

豚のプラセンタは、数あるプラセンタの中で1番メジャーな商品です。市販されているプラセンタの多くが豚の胎盤から作られています。

そもそも豚は体格的にも、遺伝子的にも、人間に近いといわれており、より効果的と言われています。また、1回の出産量が多いのでプラセンタを多く確保することが出来、効果的なのに値段が安いのも嬉しい特徴です。

懸念点は、予防接種などを大量に受けていると、胎盤にもその薬の影響が出る可能性がある…ということ。きちんと管理の行き届いた豚を使用しているプラセンタを選ぶことが必要です。金額的にも、効果的にも、毎日摂取するプラセンタには1番適しているといえるでしょう。

馬のプラセンタサプリ

馬のプラセンタは豚や羊、人に比べてアミノ酸の含有量が多く(なんと豚の300倍!)、非常に良質であるというのが特長です。また、日本のサラブレッド馬の胎盤を使用していることが多いため、馬自体の飼育管理も良好です。

馬自体が体温が高いため寄生虫がつきにくかったり、丈夫なので予防注射の必要が少なかったり、といった健康面からも、馬プラセンタは品質も安全性も良質であることがわかります。

ただし問題はお値段。豚と違い出産回数も、出産頭数も少ないため、一度に取れる胎盤の量が少ないのです。あまりに安いものは少し疑ったほうが良い気がします。毎日摂取するには高価ですので、調子が優れないタイミングやここぞというときに使用してみると良いと思います。

羊のプラセンタサプリ

羊のプラセンタは、人間の胎盤と似ており、人間になじみやすいと言われています。ニュージーランドやスイスで放牧されてのびのびと育った羊のプラセンタは、マドンナなどのスターが愛用しているのも有名です。アミノ酸の配合も豚より勝っており、さらに羊自体も病気などに強い生き物なので、プラセンタも良質であるといえます。

しかし、実は日本での羊プラセンタ作りは禁止されているのです。これは羊のプラセンタが狂牛病のような病気を発症させる可能性があるということで羊、馬に対して許可が下りていないのが要因です。ニュージーランドやスイスなどは狂牛病の発症事例がないのでプラセンタが作られています。リスクヘッジをしている方は、避けたほうが良いかもしれません。

人のプラセンタサプリ

人の胎盤も、実はプラセンタとして使われています。しかし、これはサプリメントの話ではなく、プラセンタ注射の話。薬剤会社に産婦人科が胎盤を提供して作られているそうです。喫煙の影響や薬の使用は…?と気になるポイントも多いですが、このサイトではプラセンタサプリを中心にプラセンタのことを調べているので、ここでは言及しないでおきますね。

プラセンタの違いが確認できましたか?きちんと原材料のわかるプラセンタを使用し、若々しいお肌を保ちましょう!

スポンサーリンク

アンチエイジング食べ物アカデミーTOPへ