ブロッコリースプラウト:肌に肝臓に!ブロッコリーの20倍以上の抗酸化作用を持つ健康食材。

ブロッコリースプラウトという食べ物をご存知でしょうか?

貝割れ大根のようにパックにはいった状態でスーパーなどで買うことがでくきるブロッコリーの新芽です。

スポンサーリンク

ブロッコリースプラウトのデトックス効果

このブロッコリースプラウト、非常に高い栄養を持つ、アンチエイジングフードとして注目を集める食材なのです。品揃えの良いスーパーでないと売っていないかもしれませんが、見つけた場合は是非買ってみると良い食材です。
bsp1

ブロッコリーの20倍もの抗酸化作用

ブロッコリースプラウトのスゴイところは、なんといってもその抗酸化作用。もともとブロッコリーも抗酸化作用がある食材なのですが、その20倍もの効果を持つのが、ブロッコリーの芽なのです。

burokkori

ブロッコリースプラウトの抗酸化作用の要因は「スルフォラファン」という物質に由来します。このスルフォラファンとは、ファイトケミカルの一種。ファイトケミカルとは、植物だけが持つ栄養素で、有名なところだとフラボノイド、イソフラボン、カロチノイド、サポニンなどがあり、どれも体の健康に影響のある成分です。

このスルフォラファンには、強力な抗酸化作用を持つ酵素、SOD酵素の働きを助ける効果があり、活性酸素の除去に役立つのです。

ブロッコリースプラウウト
ブロッコリースプラウウト

活性酸素とは、体内に取り込んだ酸素の一部が有害物質に変化したもの。この活性酸素は、一面では体に入ってきたウイルスなどを撃退する効果があるのですが、一方でその力が強すぎるため、周りの細胞までも壊してしまいます。また、分子と電子の数が不安定なため、自分を安定させようと回りの細胞から電子を取り込みます。その電子をとられた細胞も活性酸素となり…というように、活性酸素を増やす連鎖を生むのです。

活性酸素によって機能を奪われた細胞は、肌であればしわやたるみ、シミの原因に。体内であれば血液、脳、臓器などの老化に、そしてDNAに作用し癌まで引き起こします。

この活性酸素は、日々の生活で紫外線やタバコ、アルコール、ストレス、添加物などの体にとって毒になるものがあると余計増えるため、これらの原因を少なくすること、そして活性酸素を増やさないように、抗酸化食材を食べることなどが有効なのです。

ブロッコリースプラウトには、このスルフォラファンがブロッコリーの20~50倍も入っているとわかっています。酸化に負けないサビない体作りのため、ブロッコリースプラウトは有効なアンチエイジングフードでしょう。

デトックス効果

このスルフォラファンには、抗酸化作用だけでなく、体のデトックス効果もあることがわかっています。体内に溜まる毒素は、日々の食事や、タバコ、アルコール、添加物、老廃物など様々なことで発生します。これらの毒素はすべて肝臓で解毒されるのですが、この解毒酵素も活発にするのです。

ブロッコリースプラウト

もちろん、毒素を摂取しないことが一番ではありますが、どれだけ気をつけても肝臓には負担がかかるもの。解毒酵素を元気にするブロッコリースプラウトは、美しい体作りの味方なのです。

ブロッコリースプラウトの効果的な摂り方、注意点

ブロッコリースプラウトは、貝割れ大根などと同じように、生のままサラダで食べたり、スープにいれたり、炒め物にしたりすることができます。熱に強いので炒めたりしても大丈夫なのですが、水溶性の性質があるので、茹でるなどの調理は控えましょう。

スポンサーリンク

アンチエイジング食べ物アカデミーTOPへ