水がアンチエイジングや美容に効果的な理由

人間のカラダの約60%は、水分で出来ています。その水分は、多すぎても少なすぎても健康に何かしらの影響を及ぼすことが言われています。

その水をうまく活用することにより、アンチエージングや美容に効果があることが、最近言われています。水を活用したアンチエイジングや美容について、調べます。

スポンサーリンク

アンチエイジングや美容にいいとされる水は?

mizu

水と一口に言っても、様々なものがあります。ご家庭の水道水、ペットボトルで販売されているミネラルウオーター、炭酸水、海洋深層水などは、一般で簡単に手に入るものと言えます。どんな水を選べばよいのか、それぞれの効能をまとめます。

1.水道水
ご家庭の水道水では、水の質が悪いと言われています。不衛生と言われる物質や、塩素(カルキ)が含まれていて、ミネラル分は含有されていません。塩素は、ビタミンを破壊するので、人間のカラダにいい効果をもたらすことはありません。

抗酸化作用が失われる原因のひとつのため、アンチエイジングや美容効果は、期待できません。

2.ミネラルウオーター
ミネラルウオーターの種類は、“軟水”と“硬水”に分類されます。分類の基準は、水に含まれているカルシウムイオンとマグネシウムイオンの含有量によって、120mg/リットル以上なら”硬水”、以下なら”軟水”となります。

アンチエイジングや美容の点であれば、”硬水”と言われるものを選んでください。(商品に記載があります。)
”硬水”のミネラルは、便秘解消やダイエット、老廃物の排出(デトックス)に効果があると言われています。

3.炭酸水
炭酸ガスが含有されている水で、ペリエが代表的な商品になります。血行促進、便秘解消、老廃物の排出、食欲の抑制(ダイエット効果)、疲労回復効果、美肌効果(炭酸水での洗顔)があります。
ただし、炭酸飲料と言われるコーラ、サイダーなどの甘味料が含まれているものでは、もちろんアンチエージングや美容の効果は期待できません。

4.海洋深層水
深海200メートル以下の海水で、ミネラルが豊富に含まれています。安定型ビタミンCを含有している海洋深層水は、カラダの中で、ビタミンCになり、活性酸素の抗酸化作用が期待できます。活性酸素の増加が、老化を加速するので、抗酸化作用は、アンチエージング効果が期待できます。

水を飲むタイミング

効果が発揮できるのは、朝一番に飲むことをお奨めします。朝、一杯の水は、腸の働きを良くして、便秘解消につながります。また、睡眠中に汗として失われた水分の補給も兼ねます。

暑い日、乾燥している日(カラダの水分が失われる状況)は、カラダの血液の水分量が減るので、ドロドロ血と言われる血液の流れが悪くなる状態になります。動脈硬化や、血管が詰まることが起きるので、のどが渇いたと感じる前に水分を取るようにしましょう。

ミネラルウオーターは、万能な水なのか?

ミネラルウオーターを飲むことは、健康に繋がると言ってはいますが、要注意と言われる事項もあります。それは、ミネラルウオーターは、長期保存ができるように、防腐剤などが混入されていることが指摘されています。通常の場合、水は、数日間で、腐ってしまうのですが、それを阻止するために、カラダによくないものや、海外の製品では、製品の品質基準が、日本の品質基準より弱いとも言われています。そのため、アンチエイジングや美容という点では、効果があるかもしれませんが、ほかの悪影響が懸念されることもあります。

水を飲むと、むくみやすいとも言われていましたが、正しい摂取方法であれば、アンチエイジングや美容につながる効果が発揮できます。高価なダイエット商品や、アンチエージング商品に比べたら、安価で安易に始められる健康法と言えます。正しいやり方と、効果を把握して、健康促進を図ってみて下さい。他にも老化を防ぐ食べ物を一覧でチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

アンチエイジング食べ物アカデミーTOPへ