肌に及ぼす影響を考えたお酒の飲み方

お酒を飲むと肌荒れが起こるという話をよく耳にします。しかしこうしたことが生じるのはお酒そのものに問題があるのではなく、お酒の飲み方に問題のあるケースがほとんどです。

逆に上手に飲むお酒は若さを保つことに貢献し、アンチエイジング効果をもたらします。ではどのようなお酒の飲み方をすれば若さを保つことができるのでしょうか?ここで美肌効果のあるお酒の飲み方を中心にいくつかのポイントをご紹介いたします。

スポンサーリンク

量と飲み方

nomikai

お酒を友人や仕事仲間とよく飲むという人は大勢います。たいていの場合このようなシーンではついつい夜遅くまで騒いでしまったり、いつもよりも大目のお酒を飲んでしまうという状況に陥ってしいます。

こうした状況は生活リズムや体調を狂わせることがあります。また仕事の付き合いでお酒を飲むことがあるかもしれません。そのような席では気疲れしたりストレスを抱えたりすることがあります。

またお酒は食欲を増進させますので、もしお酒と一緒に食事を取るなら知らず知らずのうちに食べ過ぎてしまうということもあります。これらの状況が肌荒れを引き起こす原因を作ってしまうのです。

そのためまず考えるべきなのはお酒を飲む時間です。睡眠時間を削らなければならないほど遅くまで飲むことは絶対に避けるべきです。またお酒と一緒に食べる食事の量をコントロールすること、そして当然のことながらお酒を飲み過ぎてしまわないように注意すべきです。

またお酒が弱い人は無理してたくさん飲むことがないようにすべきです。なぜならアルコールは体内で分解される際に肌をつくる細胞を傷つけることがあり、特にお酒が弱い人はその影響を受けやすいからです。

アルコールを体内で分解するときにはかなりの量の水分が使われます。そのためお酒を飲むと軽い脱水症状が生じてしまいます。当然のことながらこのような症状が起こると体は水分を要求し、のどが渇きます。しかしここでお酒を飲んでのどの渇きを癒そうとするなら、更なる脱水症状を引き起こしてしまいます。脱水症状は肌細胞の水分を奪い、肌荒れを引き起こします。そのためお酒を飲んでいるときにのどが渇いたならアルコールを含まないものでのどを潤すことが必要です。

肌を若々しく保つ効果のあるお酒

akawine

肌を若々しく保つのに効果のあるお酒としてまず挙げることができるのは赤ワインです。赤ワインにはポリフェノールがふんだんに含まれており、この成分は活性酸素の生成を抑制してくれます。活性酸素は肌の老化の原因を引き起こす成分であるために、赤ワインを飲むことはアンチエイジングを促します。また美肌に効果的なビタミンやミネラルも豊富に含まれているために赤ワインはかなりお勧めできるお酒です。

また日本酒にはフェルラ酸という効酸化物質が含まれています。そのため赤ワインと同様、アンチエイジングに効果的なお酒であるといえます。また日本酒には細胞や毛細血管の働きを活性化させる成分も含まれているために、適量飲むことで美肌効果を発揮するのです。
酸化についてはこちらの記事も見てみると良いと思います。→ 酸化の原因を知ろう

基本的にアルコールは体内に入ると腸の働きを促します。そのためお酒は体内に取り入れた栄養素を素早く吸収し、老廃物や不要物をスムーズに排出するのを助けます。これらの働きは美肌効果をもたらします。またアルコールが体内に入ると大脳皮質の抑制が解放されます。つまりお酒によって脳が緊張状態から解放され、ストレスを軽減させることもできるのです。こうしたこともアンチエイジングに大きく役立ちます。

このようにお酒にはアンチエイジングを促す様々な働きがあります。しかし飲み方や飲む量を間違えると逆効果を生じさせてしまうために注意が必要です。一日に飲むお酒の量は純アルコールに直して20gから40g程度がよいとされています。それでふさわしい仕方でふさわしい量のお酒を飲むことを常に心がけ、アンチエイジングを目指していきましょう。

お酒とアンチエイジングについては他にも記事があります。もっと知りたいという場合はこちらもご覧ください。
間違ったお酒の飲み方は老化現象の原因です!

スポンサーリンク

アンチエイジング食べ物アカデミーTOPへ