夏の肌ケアはアンチエイジングに必須です

夏は一年の中でも特にアンチエイジングを心がけるべき季節であるといわれています。なぜなら若さを保つ上で非常に大切な肌が大きなダメージを受けやすい季節だからです。

夏の強い紫外線は肌の真皮層にダメージを与えることがあります。その結果ハリや弾力の低下、シワやシミなどを生じさせて肌の老化現象を促進させます。また日本の夏は高温多湿であるために大量の汗をかきます。

この汗が肌の水分不足や皮脂の過剰分泌を招き、その結果ゴワつきや黒ずみ、そして毛穴の開きなど生じさせます。
またや冷房を効かせた室内と屋外との温度差が肌に悪影響を及ぼすこともあれば、冷房の冷気自体が肌を傷めることもあります。

夏が肌に及ぼす影響を挙げればきりがありませんが、肌ケアを少し意識するだけでも状況はかなり異なります。では日本の暑い夏にどのようなことを心がけて肌ケアを行い、若さを保つことができるのでしょうか? いくつかの点をここでご紹介いたします。

スポンサーリンク

まずは日焼け止めで紫外線をブロック

hiyakedome

夏の肌ケアでまず行うべきことは紫外線から肌を守ることです。紫外線対策として行えることといえば外出時にロングスリーブやロングパンツを着用したり、帽子をかぶったりすることです。

しかし暑い夏にこのような服装で外出することには抵抗があるという人も多いはずです。そのような人は日焼け止めクリームを塗って出かけることができます。日焼け止めクリームは汗で流れてしまうことがあるためにできるなら常備しておくことがふさわしいでしょう。

また最近では落ちにくい日焼け止めリームなども販売されているために、そのようなものを使用することもできます。

水分補給と体温に気を配る

肌細胞のほとんどは水分です。そのため十分な水分が肌細胞に含まれていなければ弾力のある若々しい肌を保つことはできません。しかし暑い夏は汗をよくかくために肌細胞が水分不足に陥ることがよくあります。それで意識して水分補給を行うようにしなければなりません。

のどの渇きを感じるのは体の水分がかなり減少しているときです。そのためのどが渇いてから水分を補給するというよりも少しずつ、そして定期的に水分補給を行うのが望ましいでしょう。また寝ているときに大量の汗をかくこともあるので枕元に水を入れたペットボトルを置き、汗をかいて目が覚めたらそれを飲むようにするのも効果的です。

また体温が急上昇したり、暑い屋外から涼しい冷房の効いた屋内へ頻繁に出入りすることも肌に悪影響を及ぼします。先にも述べたように汗を大量にかくと皮脂がたくさん分泌されます。そしてその状態で冷房の効いた涼しい屋内に入ると皮脂が固まり、毛穴をふさいで汗を出にくくしたり、汚れと混ざった皮脂は黒ずみとなって肌に残ってしまうことがあります。

また汗は蒸発時に体の温度を下げる働きがあります。そのため冷房の効いた部屋に突然入ると肌の温度が急激に下がることがあり、その結果肌がダメージを受けてしまいます。

こうした問題を避けるためにハンドタオルなどを常備し、汗を頻繁に拭き取ることができます。また薄手の上着などを持参して屋外から屋内に入るときにそれを着用するなどして体温調節を図ることができます。こうしたことは夏の肌ケアを行ううえで非常に重要です。

角質ケアで常に新しい肌を表面に

hadacare

夏の肌は強い日差しをブロックするために角質が厚くなります。しかし暑くなった角質がいつまでも残ってしまうとゴワゴワとした肌になってしまい、ハリや潤いが失われてしまいます。そのため古くなった角質を落とすことは重要です。基本的に角質は擦ることで剥がれ落ちるためにゴワつく部分を擦ります。肌が弱い人は専用のクリームなどを使用することができます。また顔の皮膚は他の箇所に比べると薄いために強くこすることは避けるようにします。

この他にもビタミンCが含まれている柑橘類やコラーゲンを含む食材を食べることも効果的ですが、いくつかのことを意識して行うだけで肌を若々しく保つことができ、アンチエイジングに貢献するのです。肌は体の表面を覆っているものであり、人の見た目を大きく左右するものです。この大切な肌がダメージを受けやすい夏の時期に肌ケアに力を入れることは非常に重要なのです。
参考:肌のトラブルに効果的な食べ物

スポンサーリンク

アンチエイジング食べ物アカデミーTOPへ