代謝が落ちる夏の時期のアンチエイジング

意外と知られていないことですが、夏は一年の間で基礎代謝が落ちる季節です。

しかし汗をよくかくために太りにくく、そのうえ老廃物の排出がスムーズに行われる季節であるのも確かです。それでもこの季節にアンチエイジング対策を行って基礎代謝を上げることは非常に重要です。なぜならそうすることで一年を通して代謝のよい体を作ることができるからです。

逆にこの時期のアンチエイジング対策を怠るなら代謝の悪い体になってしまうことがあり、老化を早めてしまうことになりかねません。たとえば夏の活動が少なく、クーラーの効いた部屋に一日中こもっているという生活を送る人の多くは本来なら代謝のよい冬場に激太りしてしまうことが多く、夏場のアンチエイジング対策の怠りが大きく影響することがあります。

そもそも基礎代謝とは人間が生きるために必要な呼吸や臓器の活動、そして体温の維持などに使うエネルギーの量のことをいいます。基礎代謝が高いと発汗が促されたり古い細胞がスムーズに剥がれ落ちます。そのため基礎代謝はアンチエイジングと大きく関わりがあるのです。では夏場にどのようにして基礎代謝を高め、若々しい体を保つとともに太りにくい体質とすることができるのでしょうか?効果的ないくつかの方法についてここでお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

食事の仕方を考慮する

reimen

夏場はどうしても食欲が減退するために食事を抜いてしまったり、ついつい冷たい麺類だけで済ませてしまうことがあります。こうした食習慣は一時的に体重を減らします。

しかしこうした食生活が続くと体は最小限のエネルギーで効率よく身体を動かそうとします。そのため代謝が日に日に落ちていき、老廃物がスムーズに排出できないどころかなかなか痩せない体質になってしまいます。そのため3度の食事をしっかりと取る習慣をつけ、暑いからといってそれを怠ることがないようにしなければなりません。夏場の食欲減退を利用して食事を抜き、ダイエットを行う人もいます。

しかしこのような仕方でのダイエットはリバウンドしやすく、尚且つ代謝の低下にもつながるために老化現象を引き起こしかねません。それで夏場に行う極端な食事制限ダイエットは絶対に避けるべきです。

夏場の運動でアンチエイジング

undou

運動を行うことで基礎代謝を高めることができます。しかし暑い夏の運動は決して簡単ではないでしょう。そこでお勧めなのが水泳です。よくプールで歩くエクササイズが体によいとされていますが、体全体を使って泳ぐことも非常に効果的です。この点で平泳ぎは夏のアンチエイジングに適した運動といえます。ゆっくりと行うことができ、尚且つ体全体を使うことができるからです。

またウォーキングもお勧めできます。しかしウォーキングは日が落ちて涼しくなった夕方、もしくは夜に行うのがベストです。ただゆっくりと歩くのではなく、早歩きを意識して行うようにします。代謝を上げるには有酸素運動を行う必要があり、息が多少上がる程度のスピードで行わなければ意味がありません。またできるなら30分を目安に行うようにします。見る景色が変わるために飽きずにできるウォーキングは精神にもよい影響を与えるためにリラックス効果もあり、アンチエイジングに適しています。

このように夏場にアンチエイジング対策を行っていれば一年を通して代謝のよい体を作ることに貢献し、老廃物や余分な脂肪の蓄積を防止することができるのです。もちろん夏場のアンチエイジング対策のみに力を入れていれば安心というわけではありませんが、体脂肪や体重が減少するこの季節はアンチエイジング対策の必要性を麻痺させるために特に注意が必要であるといえます。この時期のアンチエイジング対策は夏バテ防止にも影響しますので、是非とも行うべきです。

他にも夏のアンチエイジングについては下記も参考になると思います。
参考1:夏のアンチエイジングが大切な理由
参考2:夏の肌ケアはアンチエイジングに必須です

スポンサーリンク

アンチエイジング食べ物アカデミーTOPへ