ほうれい線とは?原因や対処方法

人間の顔で、ほうれい線が進むと、実際の年齢よりも、ぐっと年齢が上がった感じがします。

顔のしわの一種でもありますが、見た目の印象がまったく違って、老化を感じさせてしまします。気にしている方も特に女性に多いですので、簡単にほうれい線についてまとめてみたいと思います。

どんな人は、ほうれい線に要注意?

houreisen

・痩せている人
これは、太っている人もほうれい線ができる環境は、同じくありますが、痩せていると目立ちに易いことが挙げられます。

・丸顔・たまご顔の人
丸顔・たまご顔の人は、顔の脂肪が多いため、脂肪がたるんでくることが考えられます。これが、たるみの原因(ほうれい線)になります。

・ほほが柔らかい人
ほほが柔らかい人は、ほほの筋肉弱いと言えるので、筋肉が衰えたときに、たるむ可能性があります。これが脂肪の程度によって、ほうれい線という形でくっきり目立つことになります。

・乾燥肌の人
肌が乾燥すると、角質のバリア機能が効かないため、皮膚の内部の真皮も乾燥を進行させて、シワの原因となり、ほうれい線として表れてきます。

ほうれい線ができる原因は?

ほほの皮膚の脂肪が下がって、筋肉で支えられずたるみが生じ、そのふちが、ほうれい線として目立つようになります。通常、ほほの皮膚は、筋肉によって、引き締まっていますが、筋肉が劣ったり、ほほの脂肪が増えて、若い時のようにほほのハリがなくなった時に、ほうれい線として、顔に現れます。

それらを引き起こす原因は、

1.太陽の紫外線からの照射
紫外線によって、肌はダメージを受けます。そのダメージは、真皮にまで影響が出て、しわやたるみを引き起こすことになります。

2.乾燥肌
肌が乾燥すると、肌を構成している成分のコラーゲン繊維とエラスチンが減少して、しわを引き起こす原因となります。

3.表情筋の低下
表情筋の筋肉が低下すると、顔の皮膚を支えられないので、余分な脂肪はたるみとなります。睡眠時、横向きの睡眠は、どちらかに顔の重力がかかるので、たるみを生み出しやすい体勢と言えます。

4.過激なダイエット
ダイエットをすると、カラダ自体が痩せます。しかし急激に痩せた場合、カラダの皮膚の肉は、以前の太っていた時の皮膚そのものである場合があります。そのため、伸びきった皮膚がダルダルになって、シワとして残って現れます。
 
5.暴飲暴食
暴飲暴食によって、カラダ全体に脂肪が溜まり、顔の皮下脂肪も増加してしまうことで、ほほのたるみを生みやすくなります。

ほうれい線の対処方法は?

1.睡眠時の姿勢
横向きでの睡眠は、重力によって、片側にたるみを生みやすくします。そのため、仰向けでの睡眠をお勧めします。

2.顔の表情筋の運動
顔の表情筋は、よく使われる筋肉と使われない筋肉があります。そのため、同じ筋肉を使い続けると、しわが固定化されたり、使われない筋肉は、劣っていきます。そのため、顔の表情筋を鍛えるような運動をして、顔の筋肉を柔軟に鍛えておくことが良いようです。

3.顔の保湿
顔の潤いは適度である必要があります。乾燥すると、真皮にまで影響が出て、しわの原因となりやすいので、保湿クリームなどを使用することは効果があります。ただし、保湿クリームは、塗りすぎると肌に悪影響が出るので、適切に使用してください。

ほうれい線は、加齢とともに進行すると言えます。しかし、高齢=ほうれい線ということでもなく、誰もが、ほうれい線が目立つようなことになっていないとも言えます。

そのため、ほうれい線の進行を遅くすることもできるので、対策は、若いうちから取っておくことが大切であります。ほうれい線のできる原因を把握して、アンチエージング対策を行ってください。

スポンサーリンク

アンチエイジング食べ物アカデミーTOPへ