糖化した食べ物を避けてアンチエイジング!

老化の原因の1つである「糖化」

体内にある糖がタンパク質と結びつき糖化することで、AGEs(最終糖化物質)が作られ、そのAGEs(最終糖化物質)が体を老化させる原因となります。

糖化を防ぐためには大きく2つの方法があり、1つが糖化の原因となる糖質の摂取量を減らすという点、そしてもう1つは、AGEs(最終糖化物質)が多い食べ物を減らすということです。

スポンサーリンク

要注意!お肉

そう、食べ物にはもともとAGEs(最終糖化物質)が多く含まれる食品というのが存在します。AGEsの値というのは同じ食材でも料理方法などでまったく変ってしまうもの。

ここでどんな食べ物にAGEs(最終糖化物質)が多く含まれるのか確認し、毎日の食生活で過剰に摂取していないか確認しましょう。

食べ物 AGEs値
ベーコン 91,577
直火焼きフランクフルト 11,270
バター 23,340
牛肉のステーキ 10,058
鶏の唐揚げ 9,732
マヨネーズ 9,400
焼いたソーセージ 5,426
ハンバーガー 5,418
焼いた鶏肉 4,938
豚肉のスペアリブ 4,430
プロセスチーズ 4,470
エビフライ 4,328

スポンサーリンク

アンチエイジング食べ物アカデミーTOPへ