酸化の原因を知ろう

アンチエイジングをする上で知っておかなくてはいけないのが、老化の原因の1つである「酸化」です。

酸化についてはこちらで説明したとおりですがこちらもおさらいで簡単に説明したいと思います。

人間に必要な酸素。しかしその酸素は体の中で他の物質の影響を受け、一部が不安定な酸素になります。これが活性酸素です。この活性酸素の力は非常に強く、体に入ってくる細菌や、ウイルスなどを撃退するパワーを持っており一面では体の味方なのですが、必要以上に増えてしまうと体の中で他の細胞まで酸化させ、「さび」させます。

酸素というのは不安定な分子を含んでいることも多いので、普通に生活をしていても、人の体の酸化してしまいます。

しかし、その酸化をより加速させるような生活を送っていると、老化が進行してしまいます。この酸化をできるだけ進行させないためにもアンチエイジングが必要なのです。

スポンサーリンク

酸化の原因を知ろう。

ダメよ駄目なのよ

では、どのような原因で酸化が加速するのかをまずは確認していきましょう。

1アンチエイジングの敵、紫外線

紫外線には何種類かありますが、そのうち1番危険なのが、窓ガラスや雲なども通り、さらに皮膚の奥にある真皮にまで届いてしまうのUVAと呼ばれる紫外線。この紫外線を食い止めようと活発になってしまうのが、「活性酸素」です。

本来紫外線から皮膚を守ろうとする味方の活性酸素ですが、その攻撃力が強いため、他の細胞を酸化させてしまいます。その酸化を防ごうとするのが「メラニン色素」。このメラニン色素はご存知の通りシミの原因となります。紫外線を浴びすぎるとシミが出来るというのはそういった理由なのです。

また、影響が出るのは皮膚の表面だけでなく、内側のコラーゲンまで酸化させるため、しわや陥没、肌のハリをなくします。

2アンチエイジングの敵、脂質

「過酸化脂質」という言葉を聞いた事があるかと思います。これは、体のなかのコレステロールや脂肪が酸化してしまったもののことを指します。もちろんその原因は活性酸素です。

この過酸化脂質は、体のなかでDNAを傷つけ、癌を発症させる原因になったり、血中のコレステロール過酸化脂質は動脈硬化の原因になります。さらに皮脂などが酸化すると、お肌のしわの原因になったり、シミができる原因になるのです。

3アンチエイジングの敵、お酒

前述の通り、「活性酸素」は体に入ってきたウイルスや細菌などを撃退してくれるもの。同様に毒物なども攻撃対象になります。

お酒は体内に入ると「アセトアルデヒド」という有害物質に変化します。その有害物質に反応するのが活性酸素です。毒を撃退しようと活性化する活性酸素。大量発生してしまうのです。

4アンチエイジングの敵、添加物

体にとって悪影響なのが添加物。添加物は体にとって害のあるものとみなされるので、もちろん活性酸素が撃退するために発生します。例えば添加物が多いもので例を挙げるとチューブタイプのワサビやからし。固形の食品よりも鮮度を保つのが難しい液体や練り物は、添加物を多く含んでいます。ほかにも、ペットボトル飲料のお茶などの原材料を見ると記載されている「ビタミンC」。あれは添加物のため、活性酸素の攻撃を受けやすいのです。毎日お水の変わりにペットボトルのお茶を飲んでいる人は注意が必要です。

5アンチエイジングの敵、タバコ

タバコを吸っている人と吸っていない人では、明らかに肌のしわやシミなどの数が違うというお話は聞いたことがあるでしょう。実際にタバコを吸うと、なんと100兆もの活性酸素を発生させるとまで言われています。活性酸素が増え、細胞やコラーゲンの繊維質が傷つき、シミやしわが増えてしまいますので、アンチエイジングにとっては是非避けたいもの。またタバコに含まれるタールに活性酸素が集中するため、肺の細胞が傷つき、肺がんなどを引き起こす原因になります。

6アンチエイジングの敵、大気汚染

大気汚染も実は活性酸素を増やし、老化を進める原因なのです。空気が汚染されている原因は様々ですが、例えば自動車の出す排気ガスなど。有害物質を含んだ空気が体内に入ると、活性酸素が増加、特に空気を吸い込む肺は被害を受けやすく、タバコ同様に肺がんなどのリスクを高めます。アンチエイジングを考えるならば、例えば交通量の多い国道などの付近に住むのを避けたり、交通量の少ない道を選んで歩くなどの対策が必要です。

7アンチエイジングの敵、ストレス

今までのは、体に摂取することで活性酸素を発生させ、老化を進めるものばかりでしたが、ストレスというもの実は活性酸素を増やす原因になるのです。

人間はストレスを感じると、ストレスに対して対抗する「副腎皮質ホルモン」と呼ばれるホルモンが現れます。このホルモンが出て、分解されていく中で、活性酸素が増えるのです。またストレスというのはビタミンCを多量消費してしまいます。ビタミンCは「抗酸化作用」があるので、ビタミンCが減少し酸化につながるのです。

さらに、ストレスを感じると、人間は血管がギュッと収縮します。ただしこれは一時的なもので、その後血管が広がると、血流が良くなり活性酸素が増えてしまうのです。

以上、アンチエイジングの敵である、酸化の原因の紹介でした。

酸化は肌の老化現象など様々な原因となります。すべてを避けることが難しいですが、毎日の生活でこれらを減らそうと気にかけることがアンチエイジングの第1歩となります。

スポンサーリンク

アンチエイジング食べ物アカデミーTOPへ