運動とアンチエイジングの関係

多くの人は適度な運動と聞くとダイエットや健康維持を思い浮かべるかもしれません。確かに運動はダイエットを促し、健康を維持するのに効果的です。

しかし若さを保つためにも運動は欠かせません。若さが運動に起因している理由はいくつか存在します。ここでは主にそのうちの2つをピックアップし、運動とアンチエイジングの関係についてご説明したいと思います。

スポンサーリンク

成長ホルモンの分泌を促す

walking

成長ホルモンの主な働きは読んで字のごとく体を成長させることです。しかしこのホルモンは若返りホルモンとも呼ばれており、アンチエイジングを促します。このホルモンは運動をした後、体を休めた状態にすることで約3時間分泌されることが分かっています。そのため適度な運動をしてから体をしっかりと休めるというサイクルをキープすることで成長ホルモンの分泌を促すことができます。それで運動と睡眠を1セットとして考えることができるでしょう。

運動があまり得意ではない人がよく行うのがウォーキングです。ウォーキングは行い方次第で有酸素運動となり、尚且つ成長ホルモンの分泌にも貢献するためにダイエットとアンチエイジングの双方に効果的です。

しかし定期的に運動する時間がなかなか取れないという人もおられることでしょう。そのような人にお勧めなのが筋肉トレーニングです。

適度な運動の他にも比較的ハードな筋肉トレーニングによって成長ホルモンの分泌を促すことができます。筋肉トレーニングを行うと筋肉繊維が一時的に破壊されます。

しかし脳はそれを修復するための命令を体に対して与えます。そして筋肉繊維の修復に携わるのが成長ホルモンです。つまり筋肉トレーニングは筋肉を鍛え、それを強くすることに加えて若さを保つことにも貢献するのです。またそれほど激しい筋肉トレーニングではなくても15分から20分程度行うことによって成長ホルモンは分泌されますので、激しい筋肉トレーニングは無理という人は15分間のトレーニングから始めてみることができるでしょう。

余分な脂肪を落とすことができる

onaka

人が老けて見える理由の一つに脂肪の蓄積が挙げられます。人は年を取ると基礎代謝が下がります。基礎代謝とは食べ物からエネルギーを作り出すことをいいますが、それが下がると食べ物の栄養が脂肪となって体に蓄積されやすくなり、気をつけていないと肥満を引き起こします。

また筋肉を作る力も年齢の増加とともに低下していきます。そのため脂肪がつきやすく、尚且つ筋肉が減少していくという老化現象が加齢とともに生じてしまうのです。

このような現象は体型を崩すことにもつながるために見た目が老けてしまいます。そのため運動によって余分な脂肪を減らし、筋肉をつけることはアンチエイジング効果をもたらすのです。しかし気をつけなければならないことがあります。肌に寄るシワは皮下組織の脂肪が減少することでより深くなる傾向にあります。そのため無理な運動によって極端に脂肪を落とすことがないようにしなければなりません。

このように運動とアンチエイジングには深い関係があります。また先にも述べたように運動と休息を1セットと考え、双方を実行することに務めることでアンチエイジング効果のあるホルモンの分泌を促すことができます。それで運動することだけに注意を向けるのではなく、生活習慣全般に注意を払うことで効果的なアンチエイジングを行うよう心がけるべきです。もちろん忙しい生活を送っている人がほとんどですので運動と休息のための時間をしっかりと取り分けることは簡単ではないかもしれません。

しかし筋肉トレーニングを15分行うだけでも状況はかなり変化します。それで計画性をもって自分に合ったふさわしい仕方で運動し、アンチエイジングを心がけていきましょう。

スポンサーリンク

アンチエイジング食べ物アカデミーTOPへ