笑うことが体に与える良い影響

最近笑っていますか?笑いは、健康にいい影響を与えるとも言われます。”笑う門には福来る”と、ことわざでもありますが、なぜ、”笑い”は、いい影響を与えるのか調べてみます。

ストレス社会なんて言われていますが、油断するとつい暗い顔をしているように思えます。それが知らないうちに体に悪影響なんて事だったら怖いですからね。

ただ、電車でみんなニコニコ(ニヤニヤ)していたらそれはそれで怖い光景ですが…。とにかく笑う事の大切さを見て行きたいと思います。

スポンサーリンク

笑うとカラダは、どうなる?

smile

1.体の免疫力向上
カラダの中には、NK細胞(ナチュラスルキラー細胞)があります。これは、腫瘍細胞やウイルス感染細胞の拒絶と言った、カラダの防御反応をすることを目的としていますが、その活動が活性化することによって、カラダの免疫力が向上します。

2.脳が活性化
笑うことによって、血行促進が起きて、カラダの血流がよくなります。そのことによって、脳への血流が活発になることで、脳の働きが活性化して、結果的に老化防止につながります。また、快楽物質のドーパミンが分泌され、幸福感を感じることに繋がります。

3.ストレス解消
笑うことによって、交感神経(ストレス)に代わって副交感神経(リラックス)が優位になり、ストレス解消状態となります。副交感神経が優位になることで、病気にかかりにくいカラダになります。

ストレスや緊張状態から病気は起きやすいと言われていますので、病気にかかりにくいカラダになり、風邪やガンの予防にもなることが言われています。

関連:ストレスと肌の関係、ストレスを減少させる方法

4.鎮痛作用
幸せ物質のエンドルフィンが放出されて、カラダの痛みの鎮痛効果が発揮されます。また、笑うことで、リウマチによる関節の痛みが軽減される結果が出ているようです。

5.糖尿病の予防・改善に効果
笑うことで、血中コレステロールが低下することが、研究により報告されています。
このことにより、血圧や血糖値の低下となるので、糖尿病の予防・改善に効果があること言われています。

6.カロリーの消費
笑うことで、横隔膜の筋肉が活発に使われます。この筋肉は、腹筋を引き締めるので、カロリーの消費がされます。運動したり、ウォーキングしたりするよりは、カロリー消費は少ないですが、何もしないよりは、効果があるようです。

7.表情筋の活動が活発に
笑うことで、顔の表情筋が使われることになります。そのため、顔の筋肉が使われ、頻繁に筋肉が活動します。顔の筋肉も、同じ表情だったりすると、使われない皮膚がしわやたるみとして、固定化されてしまうので、顔の表情筋を動かすことは、老化防止につながります。

関連:ほうれい線とは?原因や対処方法

8.社交的な生活に。
笑うことで、プラス志向の考えができます。そんな人の周りには、多くの人がやってくるので、社交的になり健康的な生活を過ごすことができます。また、ご家族の生活も、陽気な環境となり、健康に過ごすことができます。

笑いが少ないと・・・。

笑わないことは、“笑う”ことの正反対のことが、起きる(起きやすい)カラダになるようです。”気は病から”と言いますが、落ち込んだ気分では、ストレスが溜まりやすく、マイナス志向の考え方も相まって、健康に害をもたらしかねません。ストレスは、病気の元凶とも言えるものなので、ストレスの無い生活を心掛けたいものです。

泣くことも大切

笑うこと以外で、“泣く”ことも加えると、より一層のストレス解消ができるようです。最近では、泣くことを目的にしたホテルや、サービスも登場しています。“泣く”ことは、滅多にありませんが、ストレス解消の一環として、有益らしいです。

笑わない生活を送ると、病気にかかりやすい生活、カラダになりがちです。笑うことは、お金がかかりません。”笑う門には福来る”というように、いいこと尽くめの効果があります。笑いは大切ですね。悲しい事件より、笑える話題を振り巻いて行きたいものです。

スポンサーリンク

アンチエイジング食べ物アカデミーTOPへ