ストレスと肌の関係、ストレスを減少させる方法

現代社会において、日々何かしらのストレスがかかる生活を行っています。

通勤電車、会社における人間関係、混雑した場所の移動など、大きかったり、小さかったりのストレスと感じる瞬間があります。

そんな、精神的なストレスは、カラダに悪い影響を与えるようです。その件について、調査します。

ストレスとは?

ストレス

ストレスを例えるものとして、ゴムボールがあります。ゴムボールに力を加えると凹んでいきます。これがいわゆるストレスがかかった状態で、力を加えるのをやめると元に戻ります。

これと同じ事が、人間のカラダでも目に見えない力(精神的な圧力)によって、押しつぶされています。これがストレスを感じている瞬間で、この力を忘れたり、ちょっと離れると、ストレスが解消されるようになるようになります。

この状態は、”ホメオスタシス”(生体恒常性)と言われていて、正常な人間ならこれが繰り返されています。医学的には、交感神経(ストレス状態)と副交感神経(リラックス状態)のどちらかが、優位に立つようにコントロールされているようです。

ただし、ストレスがかかり過ぎてしまったら、”ホメオスタシス”(生体恒常性)が正常に行われないことで、体調不良や、うつ病を発してしまうことに繋がります。

ストレスと肌の関係は?

強い精神的なストレスを感じると、顔に影響が出ると言われています。主な症状として、肌荒れ、吹き出物ができるようになります。

肌荒れは、ストレスによって、体内で”活性酸素”が大量に発生しやすくなり、抗酸化物質が減少することによるバランスの崩れで、肌の潤いが減少することによって、肌荒れが目立つようになります。外的ストレス(紫外線など)もこれに該当する症状になります。

吹き出物は、体内のホルモンバランスが崩れて、アンドロゲンというホルモンが皮脂の毛穴に、必要以上に分泌され、毛穴が詰まって、吹き出物ができるようになります。大人で、ニキビができている人は、洗顔を疎かにしている人か、この状態と言えます。

ストレスを減少させるには?

自己判断でストレスを感じていなくても、カラダでは、ストレスを感じている場合があります。そのため、ストレスを感じたときは、かなりのストレスを感じています。休日は、ストレス解消の時間を設けておくことがいいと言えます。

ストレス解消に効果があるものを4点あげます。

  1. 趣味
    趣味がある人は、趣味の時間を設けて時間を過ごしてください。趣味と言えるものが無い人は、人の趣味に同行するのもいいかもしれませんが、興味がまったく無いようなものでは、逆に大きなストレスになってしまいます。自分の興味と時間に合ったものを選んでください。
  2. 食欲
    食べてストレス解消というのも有益です。お腹いっぱいになったら、ストレスを忘れさせてくれるものです。最近では、食べ放題の店も多く見受けられますので、たまには、お腹いっぱい嫌なことを忘れるのもいいようです。ただし、頻繁に利用すると、肥満や、別な病気にかかることもあるので、気を付けてください。
  3. 睡眠
    精神的なストレスは、睡眠で解消できるようです。ただし、思い詰めての睡眠は、浅い眠りになるので、睡眠時は頭を空白にするぐらいの気持ちで睡眠をとってください。深い眠りは、脳とカラダをリフレッシュしてくれるので翌朝すっきりできるようです。
  4. 笑う
    笑うことで、鎮痛作用が分泌されたり、緊張状態が解き放たれてリラックス状態になります。これは、副交感神経が優位に働くことにより、ストレスを軽減する作用があります。また、健康面でも、精神状態もよくなるので、笑いを絶やさないようにしましょう。

仕事詰めの生活では、効率的で、いいことですが、ストレスが溜まりやすく、発散する機会が少ないことがあります。そのため、疲労やストレスの蓄積は、仕事の進捗やいいアイデアの開発にも影響が出てきます。

ストレスは、無いに越したことがないですが、現代社会では、ストレスとうまく付き合って、生活をしていきましょう。

他にも肌のアンチエイジングについては紹介をしています。下記を参考にしてみてください。
肌の老化を防いで若々しい見た目を維持!シミやしわ、たるみを防ぐには体の中から。
肌のトラブルに効果的な食べ物

スポンサーリンク

アンチエイジング食べ物アカデミーTOPへ