男性のアンチエイジングに関するコラム

アンチエイジングと言う言葉は、少し前までは女性だけの話題でした。ところが、今は「男性も若く見られたい」、「何歳になっても魅力的な容姿でいたい」と自分磨きに心を配るようになりました。いいことですね。女性サイドから見ても、贅肉のないすらっとした姿、手入れが行き届いた髪は、年に関係なく、素敵だな、と思いますし、すれ違った時、ほのかな香りがしたりすると、つい振り返ってみたくなります。

男性のアンチエイジング

男性も女性と同じ様に、30代後半から年齢を感じるようになり、50代になると、すべての面で、衰えを感じ、鏡を見るのも避けてしまいがちですね。

men

現代でも、老化そのものを止めることはできませんが、男性は今までの豊富な人生経験から中年以降、若いときより魅力的な顔になる方も多いのです。それに磨きをかければ、心身ともに若返って、若い人にない魅力が出てきます。
それには先ず、健康な身体つくりから始めましょう。そろそろ生活習慣病も出始める頃なので、食事の取り方を見直してみませんか。女性のようにサラダだけの食事は味気ないですが、先ずサラダ、ほうれん草のおひたしのような、さっぱりした緑の野菜、野菜だけの煮物などから箸を取っていきます。その次に良質のたんぱく質、脂身のない肉、青魚、そして最後に、ごはんなどのでんぷん質を取ります。食べる順番をちゃんとしていかないと、老化を促進させる物質の糖化が吸収されてしまい、糖尿病のリスクを高めてしまいます。糖化は最も老化を促進してしまう物質なので、お酒もビール、日本酒、ワインは糖質が高く、量を考えて飲むことです。ウイスキー、焼酎などの蒸留酒には糖質はありませんが、飲みすぎは肝臓を傷めます。老化に最もよくないとされるストレスを、お酒は、ある程度解消してくれるので、ほどほどに飲めば、楽しみの一つとなり健康によいですね。

今は糖化が老化を進めてしまうもっと注意すべき物質なので、自分で意識して食事に気をつけることが肝心です。要するに食事の質をあげるという事です。飲酒のあとにアイスクリームでは、ちょっと心配です。甘いお菓子類、スナック菓子、コーヒー、紅茶に砂糖を入れるもNGですね。
次に睡眠、先ず良く眠る事、これが一番難しいかもしれません、常にストレスに囲まれて生活していると、夜中に目が覚めたり、熟睡は難しいかもしれません。
寝る前にぬるいお風呂にゆっくり浸かり、好きな歌でも歌って気分転換して神経を休めるとかして、男性ホルモンであるテストステロンの値を上げると、身体に活力が生まれます。男性ホルモンを活発化するには、たんぱく質を取ることも必要で、野菜とのバランスをとりながら、しっかり取りましょう。その際、たまねぎ、にんにくなどを一緒に食べると、より効果があります。バーベキューで焼肉には、にんにくや、たまねぎが一緒についてきますが、理にかなった食事方法です。

運動、これも大切です。ジョギングでなにも走らなくても、早足で歩けば有酸素運動になり、室内では筋トレもしましょう。わざわざセンターの会員になってお金を使わなくても、家で少しのスペースがあれば出来る筋トレは、結構ありますよ。短い時間で筋肉がつく運動など中高年用の筋トレ本など、自分にあった本を見つけて、長続きできることが一番大切です。早歩きと筋トレで身体は軽くなります。運動の爽快感は、若々しい身体と、精神をもたらします。

また、男性は年齢を重ねると臭い等も気になってきます。特に最近多いのが顔の臭い。関連サイトでこのあたりも解説していますので是非見てみて下さい。
顔の臭い対策本部

スポンサーリンク

アンチエイジング食べ物アカデミーTOPへ