アメリカで人気のベジタリアン・マクロビレストラン

お肉を食べない主義のベジタリアンやマクロビオティック。菜食主義としてくくられますが、実は種類が色々あるんですよ。詳しくは姉妹サイトでまとめていますので参考にしてみてください。→ベジタリアンだけじゃない!菜食主義とは?

日本でも、食の欧米化が進む一方で日本人の原点である和食が見直されつつありますが、最近では欧米を中心に増えてきているこの菜食主義。やはり肉食中心であるということが拡大の理由の1つとなっているのでしょう。今回は、そんな海外のベジタリアン・マクロビレストランを紹介したいと思います。

アメリカで人気!ベジタリアン・マクロビレストラン

海外といっても、すべてアメリカのレストランの情報になっています。

ミレニアム(Milennium)

millennium
photo by millenniumrestaurant

サンフランシスコ郊外にある有名なベジタリアンレストランです。近くにはバークレー大学があり、IT産業の中心地でもあるので、高級住宅地も多く、健康意識が高い人の多いところです。このレストランは100%ヴィーガンで作られおり、味も見た目も素晴らしく、食器にも凝っていて、ほとんど美味しいといわれています。

リゾットやスープは必ずありますが、時々新しいメニューも加わり、飽きる事はありません。
値段はコースで$42-%60位になりますが、他にアラカルトもあります。値段は高めになっていますが、全てが野菜の料理とは思えないほど、しっかりした歯ごたえもあり、素材が生きている美味しい料理を出してくれます。デザートも一切乳製品を使わず、徹底しています。最近、サンフランシスコ中心街から、郊外に引っ越してきました。

グリーンズ

greens

photo by greensrestaurant

ゴールデンゲートブリッジの眺めが素晴らしい、海に面した大きなガラス越しの景色に人気があります。食事も、地元のオーガニック専門の農家から仕入れた食材を使っており、素材の味がしっかりして、食べ応えがあり、地元で人気のあるレストランです。

ニューヨークアンジェリカ・キッチン

angelicakitchen
photo by angelicakitchen

イーストビレッジにある、ニューヨークでも有名なベジタリアンレストランです。野菜は収穫から2日以内のものしか使用せず、いろいろな種類の野菜を使ってボリュームをだし、満足感が一杯です。グルテンフリーキッチンではないので、注文の際は、メニューを聞いてから選んでください。デザートも豊富で美味しいものばかりで、ニューユーカーの支持がもっとも多いレストランです。

キャラバン・オブ・ドリームス

caravanofdreams

photo by caravanofdreams

イーストビレッジにあるローフードレストラン、庶民的な雰囲気で誰でも、ふらっと入れるレストランです。とは言え料理は一流で、リゾットなどは独特の料理がしてあって美味しく、リピーターの多いのが特徴です。

ソウエン

souen

photo by souen

開業40年をこえた日系レストランでが、回転の速いニューヨークで今もなお、人気を保っています。ここは日本が発祥であるマクロビがメインで、日本食、タイ料理と種類も豊富でアメリカ人に人気があり、セレブも通っています。

ピースフード・カフェ

peacefoodcafe
photo by peacefoodcafe

メニューは、普通のレストランのように、サラダ・スープ・寿司・ラザニア・ピザ・サンドイッチなど、すべては肉製品を使っていませんが、まったく違和感はありません。新鮮な野菜を使ったヴィーガン料理で、ティータイムにはクッキー・マコロン・ショートケーキなどで、お茶を楽しんでいる人もいます。
とてもカジュアルなヴィーガンの店なので、値段も高くなく、誰でも気軽に入れます。

ロサンゼルス カフェ・グラティチュード

cafegratitude

photo by cafegratitude

ハリウッド近郊のヴィーガンレストランです。
ここは、ヴィーガンフードとローフードのお店で、マーケット直送の野菜がたっぷり入ったサラダ、ドレシングはタヒーニ(ゴマ)にガーリックの入ったクリーミーで、濃厚、栄養満点です。地元の人に人気があり、いつも混んでいますが、味付けが少しピリ辛なので、苦手な人にはちょっと無理かもしれません。

ザ・スポット

worldfamousspot

photo by worldfamousspot

ロスアンゼルス空港からスプルベダ・ブルーバードを行くと、すぐPCH(パシフィック・コースト・ハイウエイ)に名前が変わり、約20分、ハモサビーチにあります。
ヴィーガンに近いメニューで、30年前からベジタリアンのレストランとして開業しています。新鮮な野菜をゆで、クリーミーなソースのセイボリーソースをかけて食べるのが、一番人気があります。また、オートミルクッキーはオーガニックオーツで作られていて、砂糖は一切使っていませんが、レーズンなど干し果物を使っているので、ほのかな甘みがあり、人気があります。

ザ・スタンド

ラグナビーチにあるヴィーガンのサンドイッチ屋さんです。スープが充実していて、8種類もあります.ここのお勧めはレンズ豆で、豆のホクホク感には、はまってしまいそうです。
オーナーさんは地球の環境問題などを啓蒙しているヴィーガンで、食材はいつも厳しいチェクをしています。

日本でも、様々なベジタリアンフードレストランがありますが、アメリカにも日本発のレストランがあるんですね。どこのお店もヘルシーなだけでなく美味しそうでおしゃれなのが特徴的。

スポンサーリンク

アンチエイジング食べ物アカデミーTOPへ