黒酢は高血圧におすすめ!摂取のタイミングは?

近年は、健康食ブームで黒酢を愛用している方が増えてきましたね。コンビニ等でも野菜ジュース売り場の横には必ず並んでいるようになりましたし、一昔前と比べても生活に親しまれてきているのではないでしょうか。

黒酢そのものは、1970年代から人々に愛されてきたものでありますが、現在では、その高い健康効果と美容効果が期待できるということで、様々なドリンクやサプリメントなどに配合されたりしています。

今回は、その黒酢に関しての栄養や摂取の仕方についてまとめてみました。
野菜ジュース程、市民権はないのかもしれませんが、是非生活に取り込みたい一品であると感じるのではないでしょうか。知らない人は勿体無いですよ。

スポンサーリンク

黒酢の健康効果とは?高血圧におすすめの食材

黒酢
黒酢の健康効果は、血圧を正常に戻す役割があります。

ACEと呼ばれる、酵素の一種が関係しているのですが、ACEは、アンジオテンシン変換酵素といいます。

このアンジオテンシン変換酵素の働きは、血圧上昇を抑える働きがあります。血圧の上昇とは、血液の圧…つまり血管を血液が押す圧力が大きいことを指します。以下のような状態だと、血圧が上がりやすいです。

  • 血管が細くなっている、詰まっている
  • 血液を送り出す心臓が萎縮している
  • 塩分の取りすぎを薄めようと血液が大量に作られる

さらに、このようなことに心当たりがある方は高血圧に気をつけるべきでしょう。

  • しょっぱい食べ物、濃い目の味が好きだ
  • 脂身の多いお肉が好きで食べすぎてしまう
  • タバコを吸っている
  • お酒をよく飲む
  • 万年運動不足だ
  • いつもストレスを抱えている

血圧上昇の元となる物質の働きを抑えてくれる作用があるため、アンジオテンシン変換酵素が豊富に含まれている黒酢は、血圧調整をしたい方にとっては非常におすすめとなります。

高血圧の恐ろしいところは、血管などを確実に劣化させ、合併症といって他の病気も引き起こす可能性があるので、普段の血圧チェックでこまめに数値を管理しておくことも大事です。

アミノ酸豊富な黒酢効果で血液サラサラに!

黒酢の代表的な効果のひとつに血液をサラサラにしてくれるというものがあります。

肌美容

この血液をサラサラにしてくれる成分が黒酢に含まれているアミノ酸。このアミノ酸には、血管の中にできた、血栓(その名の通り血液の栓。血管の壁に出来て血液の通りを悪くします)を除去する働きがあるため、今まで、血栓が邪魔で血液の流れが滞っていた方などには効果が期待できるものとなります。

血液の流れが滞ることで起こる冷え性なども黒酢の血液サラサラパワーで改善が期待できます。

美容・ダイエットにも効果的な黒酢

黒酢の健康効果で取り上げたアミノ酸ですが、健康に良いことはもちろんのこと、ダイエットにも効果が期待できる成分です。

綺麗なお腹

アミノ酸は、基礎代謝を上げる働きがあり、この基礎代謝がアップすることで体内の老廃物を体外に排出して、蓄積した脂肪などを燃焼させやすくする作用があります。アミノ酸の脂肪燃焼効果は有名であり、ダイエット専用のサプリメントなどにも配合されているので、現在、ダイエット中の方にもおすすめです。

また、お肌のツヤ、潤いを保つコラーゲンの材料のひとつになるスレオニンという成分も含むため、体内でのコラーゲン生成もスムーズに行われる効果が期待できるのです。

普通のお酢と比べてアミノ酸を含む量が多い黒酢

黒酢の健康効果や美容効果に関しては、様々なところで良い結果が期待できるという報告がされています。黒酢の最大の特徴は、健康、美容効果が期待できるアミノ酸を含む量が、普通のお酢と比べて、約1,5倍から2倍ほど多いということ。

この点が、黒酢の健康・美容パワーは凄いといわれる要因となっています。お酢が苦手な方などは、普段の食事の中に隠し味的な形で混ぜてあげることで摂取しやすくなると思います。

黒酢のおすすめの飲み方食べ方、食事中か食後に摂取

食べ方

黒酢の効果的な摂取の仕方ですが、基本的には、食事中か、食後をおすすめします。

理由としては、食事中や食後は、食べたものを消化・吸収するために、胃液の分泌量が多くなるからです。黒酢もこのタイミングで摂取しておくと、胃液によりスムーズに消化・吸収され、黒酢に含まれている健康・美容に効果がある成分が体に浸透しやすくなります。

黒酢は基本的に、サラダや魚、肉料理など全般的に相性が良いため、美味しいと感じながら、健康的な体を手に入れることが期待できる嬉しい食材のひとつです。

黒酢摂取時の注意点、空腹時は避けよう!

注意点としては、空腹時には極力、避けたほうが無難となります。

これは、お酢類全般にいえることですが、お酢というのは、その強い酸味から胃に大きな負担がかかるため、胃が空っぽの時に摂取すると、刺激が強すぎるという点があります。この点は黒酢を摂取する中で特に気を付けておいたほうがいいポイントとなるでしょう。

  • 黒酢はそのまま飲まずに、水で薄めて飲むようにします。人によっては、そのまま飲むと刺激が強すぎて、胃を痛めてしまうこともあります。
  • 食後、食事中に飲むようにすることも大切です。水で薄めて飲むわけですから、ほとんど胃に負担がかかりません。それでも胃の弱い方などは刺激を受けてしまうことがあります。ですから、空腹時ではなく、食事中や食後の飲用をお薦めしています。
  • 黒酢は健康食品ですが、いくら健康にいいからといって飲みすぎるのはよくありません。飲むのは一日に2~3回までにしましょう

出典:福山酢醸造株式会社

また、血液に関しては、こちらの記事も役に立つと思います。

血液をサラサラにする食べ物、ドロドロにする食べ物を知ってキレイな体を作ろう
もずく:ネバネバ効果で血液サラサラ&がん予防にも!

ぜひ、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

アンチエイジング食べ物アカデミーTOPへ