クレソン:薬として食べられてきたデトックス健康野菜。

イタリア料理や、ステーキなど肉料理のつけ合わせとしておなじみのクレソン。ピリッとした刺激のある辛味が食事にアクセントをくれますね。

実は、この辛味が体を健康に若く保つための有効成分なのです。刺激があって苦手な人も多いかもしれませんが、積極的に食べてみましょう。

スポンサーリンク

クレソンのアンチエイジング効果

クレソン

クレソンの持つ栄養は、ビタミンC、カルシウム、カリウム、ベータカロテン、またイソチオシアン酸アリルという辛味成分。これらがどのようにアンチエイジングに効果的なのか確認してみましょう。

肺癌予防に!タバコを吸う人におすすめなクレソン

タバコは吸うことで活性酸素を大量に発生させたり、ニコチンの代謝物、タールには発がん物質が含まれます。このタバコ、発がん性があるだけではなく、肌の老化や、各種細胞、筋肉の老化など、各種の老化現象も引き起こす原因になります。

アンチエイジングを考えているのであれば、まず食べ物を気をつける前にタバコを止めて欲しいところです。

しかし、どうしても禁煙が出来ない人や、喫煙者が周りにいる人にとっては、何か別の対策が必要ですよね。

そのタバコの中でももっとも強い発ガンの毒性が強いのがニコチン由来の成分であるNNKという物質。これを部分的に無毒化することが出来るのがクレソンなのです。

これは、喫煙者に1日3回50gのクレソンを食べさせるという実験をした結果、この発がん物質であるNNKが一部無毒化されたのです。

この無毒化をしたのが、クレソンの辛味成分であるイソチオシアン酸。この酸がDNAの損傷や、癌の原因となる酵素を阻害したのです。

もし、あなたが喫煙者であるなら、もしくは喫煙者が近くにいる場合は、クレソンを積極的に食べるようにしましょう。

もちろん、すべて無毒化できるわけではないので、あくまで吸わないこと、喫煙者の近くにいないことが1番ですのでご注意ください。

体内のデトックスに有効なクレソン

クレソンは体内のデトックス効果でも有名です。日本では、肝臓をキレイにするといわれ、フランスでは血液浄化作用のある健康草と呼ばれ親しまれてきました。

余計な塩分を排出
日本人は塩分(ナトリウム)を摂取しすぎる傾向があります。このクレソンにはその余分な塩分を排出するカリウムが豊富に含まれていますので、血液のナトリウムを排出して血液を正常に保ち、高血圧などを予防します。また、これによりむくみの解消にもつながります。またビタミンCが活性酸素などを除去するため、血液サラサラの秘訣です。

活性酸素を排除

辛味成分のイソチオシアネート、ビタミンC、ベータカロテンは、活性酸素を除去する抗酸化作用があることでも有名です。体内に活性酸素が出来ると、様々な細胞の機能を奪い、体の老化を進行させます。若々しい体を保つためには、活性酸素の除去が必要なのです。

この他にも、肝臓の浄化などの作用もあるようで、毒素を溜め込まないキレイな体を作るためには、クレソンはオススメ。アンチエイジングのためにも積極的に食べましょう。

クレソンの効果的な摂り方、注意点

クレソンに含まれる栄養は、熱に弱いものが多いです。良く洗い、生のままいただきましょう。クレソンの苦味や香りが苦手であれば、他の香りが強いものと合わせて食べると、そこまで気になりません。

例えばこちらのレシピはニンニクをごま油で炒めて香りを出し、さらに生の生姜、ナンプラーとあわせていますので、クレソンの独特の香りや刺激が苦手な方でも、食べやすいかもしれません。

スポンサーリンク

アンチエイジング食べ物アカデミーTOPへ