アンチエージングにおすすめ!ビタミンA 、C、Eが多い野菜。

「アンチエージング」という言葉は、近頃、流行用語となっていて、テレビなどでよく話題となっています。では、アンチエージングとは、何かと日本語で表現すると「抗老化」あるいは「抗加齢化」ということになります。

老化に逆らって、積極的に老化を予防する医学のことをアンチエージングと呼ぶようです。人も動物も植物も常に時間と共に生きてきて、時間を経るうちに老化という現象と向き合わなければならなくなります。人も動物も生まれた瞬間から、老化へ向かって歩き初めているのは宿命でしょう。

けれど、では、なぜ老化するのかということは、未だに未解明のことなのです。例えば、免疫力が低下したり、細胞の機能やホルモンレベルの働きが落ちたり、炎症が慢性化したりする老化一般についても、いまだはっきり結論が出ている訳ではないのです。

スポンサーリンク

アンチエイジングにおすすめなビタミンA、C、Eが多い野菜

こうした状況下、積極的予防医学を推進する抗老化医学においては、老化を防ぐために有酸素運動の指導とか、心身ストレスから解放する精神療法とか、ホルモン補充する薬物療法とかを有効手段として提唱しているようです。そんななか、老化に関しては、抗酸化作用や免疫調節作用を持つ食品が有効であるということも、時間とともに明らかになってきました。どうやら、アンチエージングと食品には、かなり関係があるのではないかということも解明されてきました。老化は自然の摂理です。けれど、それは食べ物や日々の暮し方でその進行を遅らせることも可能だと言うことも分かってきました。さらに、老化の原因作りをしているのが、どうやら、活性酸素ということも解明されてきました。では、その活性酸素とは何なのでしょうか。
 

活性酸素とは何?

私達は、日常的に、紫外線、喫煙、飲酒、電磁波、排気ガス、農薬、また自らの喫煙、飲酒などに晒されています。これらはストレスとなって、活性酸素発生の原因となっています。活性酸素は、常に体内で発生しています。こうした活性酸素が、免疫機能や細胞機能を傷つけることも分かってきました。この活性酸素が増えすぎると、人の細胞膜を侵食してくることにもなりかねません。すなわち、活性酸素と皮膚の老化現象、また、人間の生態活動
と皮膚は密接な関係があり、このメカニズムを知れば、活性酸素を押さえことにより健康な皮膚にしていくかに努めれば、自ずとアンチエージングの秘策も生まれてくるものとなるでしょう。

活性酸素はあなどれません。これらを放置しておくと、皴やたるみという美容的なことに限らず、細胞膜が侵食され免疫力が衰え細胞膜が再生する力がなくなり、最悪の場合は、細胞組織がガン化するということにもなり得るのです。こうした活性酸素を防御し、正常な細胞膜を維持してくれるのがビタミン類です。特にビタミンA、C、Eが、その役割を担ってくれていて、皮膚を正常な状態にしてくれるのです。では、そのビタミンは、どこから来るので
しょうか。それは、食べ物から来るのでした。食べ物と生態維持、内臓機能、ならびに、皮膚細胞機能の維持再生というものは、大いなる関わりがあるのです。

特に、皮膚は紫外線にさらされ、皴やたるみが加齢とともに増えてきます。それも、一種の老化現象でやむを得ないことなのかもしれませんが、老化現象を起こしている原因をたどれば、それへの防衛策も生まれてくることでしょう。このように、アンチエージングと美肌とは大いなる関係があるのです。

ビタミンA、C、Eが多い食品は?

逆に言えば、食べ物の上手な選択をすることによって、アンチエージングを実現できるという理窟が成立するのです。ということは、先に述べたビタミンA、C、Eを含んだ食べ物を摂取することで、美肌の効果が得られるという結論にいたるでしょう。では、どんな食べ物にビタミンA、C、Eが多いでしょうか。緑黄色野菜には豊富なビタミンA、C、Eが含まれています。

緑黄色野菜が持つビタミンA、C、E

緑黄色野菜の代表的なものには、・トマト・カボチャ・オクラ・モロヘイヤ・小松菜・春菊
・ピーマン・ブロッコリー・ほうれん草・チンゲン菜・ニラ・バジル・パセリ・ピーマンなどがあります。なかでも、トマト、カボチャ、モロヘイヤ、オクラ、ゴーヤなどには驚異的なβーカロテンがあります。

活性酸素は、常に体内で発生しています。ビタミンA、C、Eを積極的に摂取し活性酸素の働きを抑え、内側から美しく健康な肌や内蔵をゲットしませんか?

スポンサーリンク

アンチエイジング食べ物アカデミーTOPへ