お金をかけないアンチエイジングは日々の生活から!

最近では20代後半ぐらいからなにかしらのアンチエイジング対策をしている方って多いと思います。

アンチエイジングのために高価なスキンケア製品やサプリメントを活用するのもいいですが、普段の生活の中にもアンチエイジングに大切な事って実はいっぱい潜んでいるのです。

それはある種の知識なので日々心に留めながら実行していく事によって、長いスパンでのアンチエイジング対策となる事でしょう。

スポンサーリンク

お金をかけない!アンチエイジングの裏技

anti

今回はそんな「お金をかけずに」普段の生活で出来るアンチエイジングについて、ご紹介しますね。

その1:調理用の油は冷蔵庫で保存する事

サラダ油、コーン油といった油を普段調理に活用している方が多いと思いますが、油類も酸化するといった性質を持つので、使用しない時には冷蔵庫に入れて保管しましょう。ただしゴマ油やオリーブオイルは冷蔵庫に入れると固まってしまうので、小さめの瓶に入っている事が多いので、開封したら出来るだけ早めに使い切る事をお勧めします。

その2:血行を良くする事

抜け毛や顔色が良くない、手足がかさかさになるといった症状は、実は血行が悪いせいで起こるので、普段からこまめに動きながら血行促進するように努めましょう。 特別な運動をする必要もありませんが、ほんの隙間時間を活用してストレッチや簡単なエクササイズをしていると、自然と血流が良くなったり体が柔らかくなっていきます。

例えば顔だったらいつも「あいうえお」と大きく口を動かしたり、手だったらグーとパーを繰り返す、足は屈伸をするといった簡単な事でいいのです。

これらはトイレに入っている時や、ほんの数十秒の隙間時間に出来る事なので、日々のライフスタイルにも取り入れやすいと思います。ほんの少しの運動でも積み重ねてみたら、その運動量は1か月分にすると相当なカロリー消費へとつながるので、コツコツと毎日の習慣として積み重ねていきましょう。

その3:食事には出来るだけ天然素材を!

わかめが髪の毛の健康や便秘に効果的だから、常に乾燥わかめをストックしておくのもいいですが、やはり同じ食べるのであれば生のわかめを活用した方がビタミンやミネラルもしっかり摂取出来ます。野菜類もそうです。

冷凍の野菜を食べるよりは、新鮮な野菜をその都度料理に活用した方が、美容と健康には良いです。フルーツもシロップ等で味付けしていない天然のフルーツを摂取した方が、上質なビタミンやミネラルが補給出来ます。

わかりやすくいえば、新鮮な食材を活用することです。アンチエイジングも新鮮な体へと導いていく事なので、そのためのエネルギー補給にも新鮮な食材を用いた方がその効果は高いのです。

その4:全身ケア出来る自然素材の美容アイテムを

よくスキンケア製品とヘアケア製品、ボディケア製品といった風に用途別に分かれて販売されていますが、天然素材を活用した上質な美容アイテム程、髪、顔、ボディといった風に全身どこに浸けてもOKといった物が多いです。

それはオリーブオイルやアルガンオイルを活用した美容オイルであったり、オーガニック系の天然植物成分の化粧水、美容液であったりと様々ですが、安全な素材だからこそ全身どこに浸けてもOKなのです。だからアンチエイジングのために選ぶ美容アイテムは、出来るだけそういった全身ケア出来る天然素材の物を活用していきましょう。

その5:抗酸化食材を食事に取り入れる

老ける原因は、実は酸化にあったのです。酸化の原因などはこちらの記事をごらんください→アンチエイジングするなら酸化を知ろう

酸化しないためには、ポリフェノールの摂取が大切です。最近では赤ワインやブルーベリーの他にも、アサイーやビルベリーといったポリフェノールを豊富に含む食品、美容アイテムが数多く出回っています。酸化しない新鮮な食品の摂取と並行して、酸化を防ぐポリフェノールの摂取を同時に行うとより高いアンチエイジング効果が臨めます。

赤ワインもブルーベリーもアサイー、ビルベリーも取り入れやすいようにサプリメントやスイーツ、飲料に加工した製品も最近では人気なので、そういった物を上手に普段の食生活に取り入れながら、アンチエイジングに励んでいって下さいね。

スポンサーリンク

アンチエイジング食べ物アカデミーTOPへ