アンチエイジングに効果的な睡眠とは

アンチエイジングに睡眠は欠かすことのできないものです。いうまでもなく短過ぎる睡眠は老化を引き起こす原因となりますが、長過ぎる睡眠も体には良くありません。ではアンチエイジングと睡眠にはどのような関係があるのか、その点をここでお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

アンチエイジングに大切な睡眠の効果とは?

suimin

まず体の細胞は常に新しくされています。体のサイクルとしては古い細胞が体から剥がれ落ち、それが体外へ排出されます。そして新しい細胞が作られ、それらが体を形成していくわけです。そのため細胞が作られる働きを活発にすることで、体を常に新しい細胞で満たすことができるわけです。細胞分裂が活発に行われている時間帯は22時から2時の間です。この時間帯に睡眠を取ることで細胞分裂はさらに活発化されます。そのため22時から2時の間に熟睡することはアンチエイジングに大きく貢献するのです。

睡眠のリズムを整える

質の高い睡眠を22時から2時の間に取るためには、規則正しい生活を送ることが重要です。この時間帯に熟睡できる生活リズムを作り上げるのです。布団に入ってすぐに熟睡できる人もいれば、なかなかそうできない人もいるでしょう。それで22時に布団に入る習慣をつけるのではなく、22時に眠ることができる習慣をつけるようにします。恐らく週中は早寝の習慣を守ることができるかもしれません。しかし週末や休日にはどうしても夜更かしをしてしまったり、お昼まで寝てしまうという習慣が抜けきらないという人がいるかもしれません。このような不定期の長時間睡眠は体のリズムを崩しかねません。土曜日と日曜日に長時間布団に入っていることが原因で月曜日の早寝がスムーズにいかなくなってしまうことがあります。それで早寝の習慣は崩すことなく行うようにする必要があります。

成長ホルモンでアンチエイジング

また睡眠によってアンチエイジングに欠かすことのできないいくつかのホルモンが体内で活発に働くことができるようになります。そのうちの一つが成長ホルモンです。このホルモンには壊れた細胞を再生する働きがあります。たとえばアルコールによって弱った肝臓の細胞を再生する能力などが確認されています。先に述べた体の細胞分裂を補う形で働いてくれるこの成長ホルモンは、アンチエイジングにおいて非常に重要な役割を果たします。
また人は寝ている間も体力を必要とします。睡眠中の体にエネルギーを供給してくれるのがコルチゾールというホルモンです。このホルモンは寝ている間に脂肪を燃焼させ、それをエネルギーに変えてくれます。そのためしっかりとした睡眠を取っていなければ老化を引き起こす無駄な脂肪を体に溜め込んでしまい、体が衰えてしまうのです。またコルチゾールは肝臓にあるグリコーゲンを分解してブドウ糖を生成し、血糖値をアップさせる働きも有しています。このホルモンがしっかりと分泌されなければ疲れが取れません。疲労蓄積も老化現象を引き起こしますので、このホルモンが活発に働くことは非常に重要です。

睡眠は暴飲暴食抑制にも

老化現象は暴飲暴食から生じることもあります。脂っこいものや甘いものを過剰に摂取しすぎると老化を早めることがあります。睡眠時間が短いと食欲を抑制するレプチンというホルモンが出にくくなることがあります。そのため食欲をサーブすることができず、ついつい暴飲暴食に走ってしまうことがあります。確かにしっかりとした睡眠を取り、様々な種類のホルモンが体内で活発に働く環境を作ることはアンチエイジングのキーポイントです。
早寝を心がけ、質のよい睡眠を定期的に取ることができるようになれば若さを保つことができます。意外と簡単なことのようで難しいテーマではあるものの、お金をかけずに行うことができる睡眠でアンチエイジングはお勧めできる方法の一つです。

スポンサーリンク

アンチエイジング食べ物アカデミーTOPへ