冬のアンチエイジングの方法

夏はお肌に大敵の季節でした。紫外線は強いし汗をかいたら塩分ざらざらでお肌に悪い事は誰にでも判ります。それでは冬は大丈夫でしょうか、けっして大丈夫な事は有りません。

気温が下がるだけでもお肌に良い事はないのに北風がもろにお肌の水分を奪い取ります。冬の厚着だってお肌に良い訳では有りません。北風の乾燥からはお肌を守ってくれますが、部分的に汗をかいてしまうのです。

夏場の汗はシャワー等で直ぐに洗い流しますが冬場の汗は気が付かない場合が多いので、知らず知らずそのままにしてしまいます。冬場の汗は夏場の汗よりお肌にとっては始末に悪いのかも知れません。

スポンサーリンク

冬のアンチエイジング

snow

それでは冬場のアンチエイジングはどんな事に気を付ければいいのでしょうか。先ず冬の気候がもたらす悪影響について考えましょう。

血行促進で冷えない体を!

冬の特徴は気温が下がる事、誰でも知っている事ですが、意識して対策を考える事が大切です。

気温が下がれば血液の循環に影響が出ます。血行が悪くなるのです。血行が悪くなると代謝が悪くなり老化現象が促進されてしまいます。血行を良くする方法を考えなくてはいけません。

血行を良くする一番の方法は歩く事とお風呂に入る事、わざわざ外に出て歩く事は有りませんがウォーキングマシーンを持っている人はそれを利用するのも良いでしょう。でもわざわざウォーキングマシーンを購入することはありません、歩く事が難しければお風呂が有るからです。

お風呂に入れば外に出ることなく血行には絶大な効果が得られます。冬だからと言って熱いお風呂に入るのでは無くて少しぬるめの湯加減で時間をかけて湯船につかるようにする方が効果的なようです。お風呂で気を付けることは余り顔等を洗いすぎない事、洗いすぎは脂成分も洗い流してしまう為保湿効果が失われてしまう事も有るからです。もちろんお風呂からあがったら保湿のケアを忘れないでください。

外出時は保湿&保護を

気温が下がったうえに北風がお肌の水分を奪い取ります。冬のエイジングケアは北風対策がメインと言っても良いのかもしれないですね。外出をして北風に身を晒さなければいけない時は、先ず水分が取られない様な対策を立てなくてはいけません。

なるだけ肌をむき出しにしないよう手袋やマフラーで身を守るのは当然ですが、保湿用のクリーム等も外出前に塗っておくと効果的です。でもそれだけ注意をしてもお肌が傷むのは仕方が無い事です。防風対策だけでお肌が無傷で居られるほど冬の北風は軟では有りません。

冬の肌ケアにはビタミンがおすすめ

傷んでしまったお肌は早めのケアが必要になります。傷んだお肌のケアには保湿クリームやパックなどの化粧方法も必要でしょうが、体の中からケアする方法も有ります。

その中でもビタミン類は傷んだお肌のケアには大変効果が有ります。エイジングケア用のサプリメントも発売されていますが、主なビタミン類は普段の食生活でも取ることは出来ます。

ビタミンAは血行不良で滞りがちな皮膚の代謝を助ける働きが有ります。
レバーや卵などの動物性食品に含まれるビタミンAと人参、ホウレンソウなどの野菜を食べれば取る事が出来るβカロチンが体内でビタミンAに変わります。

ビタミンBは何種類か有りますが細胞の新陳代謝を活発にします。傷んだお肌のケアにはうってつけのビタミンです。卵や納豆、牛乳等に含まれています。

ビタミンCは疲れた時に欲しくなるビタミンですが肌の保湿に重要な役割のコラーゲンやエラスチンの生成を助けます。ビタミンCはミカンに多く含まれているので比較的取り易いビタミンです。

又ビタミンEは血液中に含まれ血管の機能を正常に保ち、血行を良くする働きが有り落花生やホウレンソウに含まれています。

これらのビタミンは目に見えてお肌を回復するものでは有りませんが、確実にケアの手助けをしているのです。ビタミンが多く含まれる野菜などが確認したい場合は、こちらのアンチエイジング食べ物データベースから確認してみてください。

寒い冬は肌も体も刺激をつけて疲れがち。冬の間に老化を促進しないよう、きちんと対策し、早めにケアをすることを心がけましょう。

スポンサーリンク

アンチエイジング食べ物アカデミーTOPへ