アンチエイジングにおすすめ!絶対欠かせない野菜3種。

アンチエイジングや美肌のために、グリーンスムージーを摂取するようになって1年以上が経ちます。いろいろな野菜やフルーツを組み合わせてみましたが、私なりに効果を感じられた野菜を紹介します。それが「にんじんの葉」「アボカド」「トマト」です。

スポンサーリンク

アンチエイジングにおすすめな野菜

abokado

様々な臓器の機能低下(エイジング)を引き起こす要因のひとつが「酸化」です。加齢等により体が活性酵素によって酸化していく中で、それに対抗するような抗酸化物質を摂っていく必要があります。主に必要なのがビタミンA・B・C・Eです。これにリコピンが組み合わさって、一緒に活性酵素と対抗するような働きをするのです。

ビタミンAが倍!ニンジンの葉

先ほどあげた野菜の中で、まず「にんじん」はカロテンを豊富に含んでいますが、これが体内に入るとビタミンAに変わります。ビタミンAは肌と密接な関わりがあり、不足すると乾燥や肌トラブルを招いてしまいます。潤いのある肌を保つためにはビタミンAを積極的に摂る必要があります。

中でも「にんじんの葉」は通常食べている部分の倍ビタミンAが含まれており、その他の栄養素も豊富に含まれています。普通のスーパーでは葉が落とされているものがほとんどですが、無農薬やオーガニックをうたっているにんじんには葉付きのものがあるので、試してみてください。柔らかいものは生のまま食べられますので、グリーンスムージーに入れるのもおすすめです。

ビタミンEが豊富なアボカド

次に紹介した「アボカド」ですが、こちらは多くの栄養成分が含まれています。

まず、ビタミンBに注目してみると、その中で特にB2・ナイアシン・パントテン酸・ビオチンが他のフルーツに比べて圧倒的に多く含まれています。肌の生まれ変わりをターンオーバーと呼びますが、エイジングよってこれが乱れてしまい、正常にはたらかないことで肌荒れ、シミやニキビを発生させてしまいます。

ビタミンBの中のパントテン酸はこのターンオーバーを促す働きがあるため、肌荒れやシミを防ぐ役割があるのです。またアボカドはビタミンEも豊富です。ビタミンEは抗酸化作用があり、若返りビタミンとも言えますので、アンチエイジングにとっては必須のビタミンとも言えます。アボカドを一日1個食べることで、目に見えて効果が感じられるのではないでしょうか。

リコピンが豊富なトマト

最後に紹介するのが「トマト」です。トマトに含まれるリコピンは抗酸化作用があり、その働きはビタミンEの100倍とも言われています。近年トマトが美容に良いことは知られていましたが、このように強い抗酸化作用があることも分かれば、アンチエイジングを意識するにあたって摂取しない手はありません。

トマトの摂り方ですが、加熱した方がリコピンの吸収が良くなります。また、リコピンを包む食物繊維を壊した方がより吸収が高まるので、細かく刻んだりミキサーにかけるのがおすすめです。つまり、加熱処理されているようなトマトジュースを飲むと、最もリコピンを摂取しやすいということです。

スムージーなどで毎日簡単に摂取

「にんじんの葉」「アボカド」「トマト(トマトジュースでも)」いずれも生のまま摂取できる野菜ですので、これをグリーンスムージーに入れることで、最強の、飲むアンチエイジング美容液が作られるということです。
単独で摂るよりも一緒に摂ることでそれぞれ相乗効果が期待できます。

アンチエイジングを意識するにあたっては、高級な化粧品をつけたり、サプリメントを飲んだりするよりも、普段の食事を変えて、摂る野菜を意識する方がずっと効果があります。あわせてバランスの取れた食事ができればよいのですが、なかなか毎日出来ないときは、簡単に続けられるこれらの野菜を使ったグリーンスムージーを摂るだけでも全く違います。是非試してみてください。

スポンサーリンク

アンチエイジング食べ物アカデミーTOPへ