血管を若く保つことは体の老化や病気を防ぐ必須事項!負担をかけない食べ物を。

人の体には血管が張り巡らされています。この血管は、血液を運ぶ大事な通路。この血管が老化すると、大事な血液を運ぶことが滞ったり、血液を詰まらせて動脈硬化などを引き起こす原因になります。

血液を美しく保つことも重要ですが、同時に血管を強くする、若く保つことも意識しましょう。

血管を美しく保つために必要なのは、血液をサラサラに保つこと、血圧を上げずに血管に負担をかけないことが重要です。血液をサラサラに保つ方法は別途説明していますが、コレステロールや糖質を抑えることが重要。血液がドロドロになると血管に血栓が出来て動脈硬化などを引き起こす原因になります。血液を美しく保つ方法も血管のアンチエイジングには絶対必要な要素ですので、合わせて実践してみましょう。

スポンサーリンク

元気な血管を維持する

血管

血管は、血液を細胞に送り届ける大事なホース。血管が収縮し狭くなるぎると、血のめぐりが悪くなり、余計なものが血液中にたまりやすくなります。血管の収縮を防ぐことで、細胞1つ1つにきちんと栄養を届けましょう。

血管を収縮させる食べ物

血管を収縮させる原因は、アルコール、喫煙、ストレスなど。これらが作用すると、血管は収縮し、血流が悪くなります。

ナトリウム(食塩)
日本人が摂りすぎているミネラルがナトリウム…塩です。毎日の味付けに欠かせない食塩ですが、食塩は血圧を上げる作用があります。毎日の食生活もそうですが、外食や市販のお惣菜、スナック菓子などは食塩が多い場合がありますので注意しましょう。味の濃い食べ物が好きな人も要注意。薄味を心がけましょう。

アルコール
少量のアルコールは血流をよくしますが、多量のアルコールは血管を収縮させます。1日1~2杯ほどに控え、またアルコール度数の高いお酒は控えましょう。

血管を収縮を防ぐ食べ物

血管の収縮を防ぐためには、余計なナトリウムを排除し血圧を正常に維持することが大切です。塩分を摂りすぎたと感じたときは積極的に以下のような食べ物w摂取し正常な血圧を維持しましょう。

カリウム多い食べ物
カリウムの多い食材を食べて、余計なナトリウムを排出し、高血圧を防ぎましょう。カリウムが多い食材は、アボカド、納豆、ほうれん草、明日葉、にんいく、モロヘイヤ、海苔やわかめなどの海草です。

タウリンの多い食べ物
タウリンとは、アミノ酸の一種です。このタウリンには、血圧を下げる働きがあることで知られています。カリウムはナトリウムを排除して血圧を下げるのに対して、タウリンは自律神経に作用すること興奮を抑え、血圧を下げてくれます。

タウリンを多く含む食材はタコ、イカ、カツオ、ブリ、サザエ、ホタテ、カキ、アサリなどの魚介類です。ただし、塩でしっかり味付けしたものは血圧を上げてしまいますので、薄味で食べましょう。

サラサラの血液を保つことは、細胞1つ1つに栄養をきちんと届けられる、つまり細胞1つ1つのアンチエイジングにもつながります。きれいな血液を維持し、若々しい体を保ちましょう。

血管を強くする生活

食べ物だけでなく、血管を強くするためには適度な運動や、深い呼吸なども必要です。特に歩くということは血管に負担をかけずに血流を良くしてくれて、血管を美しく保つ要因になります。1日20分でも良いので歩くこと、ダラダラ歩かずに、早足で姿勢よく歩くこと、手や足をしっかり振り全身を使うことをオススメします。

また、腹式呼吸や深呼吸は血管の緊張をほぐし、血液を全身に行き渡らせます。仕事なんかをしていると、浅い呼吸になってしまっていることが多いので、深い呼吸を心がけましょう。

スポンサーリンク

アンチエイジング食べ物アカデミーTOPへ