ハナビラタケの効果と注意点を知ろう!ガン予防も出来る免疫力アップ食材。

ハナビラタケという食材を聞いたことがあるでしょうか?最近スーパーでも見かけるようになったきのこの1つです。カーネーションの花びらのようなクシュクシュっとした見た目で、舞茸などに少し似てるかもしれません。西洋ではカリフラワーマッシュルームと呼ばれており、なんとなくその名前から想像が付きますよね。今回はこのハナビラダケがものすごい免疫効果があるということで、紹介でしたいと思います。

ガン予防にもなるきのこ、ハナビラタケの効果と注意点

hanabiratake

和洋中問わずいろんな料理に使えるハナビラタケ。見た目も白くて綺麗なので、仕上げに添えるだけでも映えますよね。味も匂いもあまり強くないので、きのこ類が苦手な方でも調理法によっては食べられるかもしれません。なかなか出回る数の少ないハナビラタケですが、どのような栄養素や健康効果があるかご存知ですか?今回はハナビラタケの、体に嬉しい効果をご紹介しますので、スーパーで見掛けた時は是非お料理に使ってみてくださいね。

ハナビラタケのβグルカンが、ガンの予防、転移の抑制

ハナビラタケにはβグルカン(ベータグルカン)という成分がとても多く含まれています。その量は全ての食べ物の中で最も多いのだとか。乾燥しているハナビラタケには、43・6gもの量が含まれているそうです。このβグルカンは免疫力を高め、がん細胞が増えたり転移したりするのを防いでくれるのです。がんは命に関わる病気ですので、予防はもちろん治療中の方も積極的に摂りたいですね。

ベータグルカンで肝機能を正常に

nomikai

βグルカンには肝機能を高めてくれる効果があります。先程もお話ししましたが、免疫力が上がるため肝炎のウィルスにも有効です。お酒がとても好きで、肝機能の低下が気になる方は是非試してみましょう。ハナビラタケがなかなか手に入らない、どうしても好きじゃないという方はサプリメントを探してみてくださいね。

食物繊維で中性脂肪を下げ血液サラサラ効果

きのこといえば食物繊維ですよね。便秘解消はもちろん、食物繊維はコレステロールや脂質、糖質の吸収を抑え、排出を促してくれます。血液中のコレステロールや中性脂肪が下がることで血液がサラサラになり、血管の壁も丈夫になるのです。生活習慣病の予防に食物繊維は欠かせない存在かもしれませんね。

実験で証明された美容・美白効果で肌のアンチエイジングにも

kaoinsho
ハナビラタケには美白、美容効果もあります。コラーゲンの生成を促し、さらにはシミの原因となるメラニン色素が生成されるのを抑えてくれる効果があるのです。潤いやハリを取り戻し、紫外線からお肌を守ってくれます。しわやたるみ、シミ、乾燥やくすみが気になる方は、スキンケアの1つとしてハナビラタケを始めてみるのはいかがでしょうか?
参考:ユニチカ株式会社

アレルギー性鼻炎を改善

ハナビラタケによって免疫が高くなることはお話ししましたが、それはアレルギー症状の緩和にも効果があります。特に食べ物などのアレルギーは「疲れていると出やすい」と聞いたことはありませんか?それは疲労やストレスによって免疫力が低下する事が原因なのです。アレルギー性鼻炎はもちろん、アトピーにも効果があるので、アレルギー体質の方にはオススメです。

ハナビラタケの食べ方や注意点

ハナビラタケは調理の際、特に注意が必要な事はありませんが、食べ方や選び方に気をつけたいことがいくつかあります。

無農薬のものを選びましょう

ハナビラタケは天然のものは数が少なく「幻のきのこ」と呼ばれています。栽培されているものもありますが、やはりおすすめは無農薬ですね。
sparassis_crispa

初めてのハナビラタケは少量から!

免疫力が上がると老廃物や有害物質を体内から出そうとするため、お腹が緩くなる事があります。身体に良い食材だからと1度に大量に食べず、食べ始めるときは少量から始めましょう。

治療ではなく、あくまでも治療の補助食品として

ハナビラタケでがんなどの病気が完治するというわけではありませんので、治療の補助として食べてください。サプリメントを飲む場合は念のため主治医に相談してみましょう。

希少価値の高い食材ではありますが、健康維持のためなら多少お値段が高くても続けたい効果がたくさんありますね。食事や生活習慣の乱れで、免疫力が低下している方は少なくないと思います。ハナビラタケでいつまでも元気に若々しく!是非試してみてください。

スポンサーリンク

アンチエイジング食べ物アカデミーTOPへ