タバコを吸う人が知るべきアンチエイジングの方法

スポンサーリンク

アンチエイジングにとって、1番とも言える害悪が「タバコ」です。

ここの記事では、タバコを吸う人、また喫煙者が回りにいて副流煙の被害がある人に対して、タバコがどのようにアンチエイジングにとって害があるか。また、少しでもタバコの害を減らすために是非食べて欲しい食べ物を紹介したいと思います。

タバコがアンチエイジングに与える影響

タバコ

タバコは体に悪い。タバコを吸うと老ける。といいますが、なぜ悪いのか、なぜ老化現象を早めるのか、具体的に説明しにくいですよね。

どのような影響があるのかを知っておきましょう。

タバコに含まれる有害物質

そもそも、タバコにはどのような有害物質が入っているのでしょうか?まずは“毒素”を体に入れる行為だということを認識しましょう。

ニコチン
まず有名なのがニコチンです。これはタバコの主な有害物質で、人が口から摂取すると50mgで死ぬことなります。タバコに含まれるニコチンは1本2~3mgなので、2~3時間の間に17~25本ほどの量を吸うと、致死量を越えますので、最悪は死に至る可能性があるほどの毒なのです。

一酸化炭素
タバコが燃えるときに発生するのが一酸化炭素です。この一酸化炭素が含まれている有名なものは排気ガス。この一酸化炭素は、血液中に入ると本来酸素と結びつくはずのヘモグロビンとくっつきます。酸素よりも200倍ヘモグロビンとくっつきやすいので、酸素は行き場を失います。

人間は60兆もの細胞で出来ていますが、その1つ1つに栄養を運ぶのが血液であり、栄養がヘモグロビンと結合した酸素です。つまり細胞に酸素がきちんと送り届けることが出来なくなるのです。

タール
タールはタバコが燃えたときに発生する液体のことを指します。喫煙室が黄ばんでいるのはこのタールの影響です。このタール、約4000もの物質で出来ているので、一概に説明することが難しいものです。しかし、このなかの200もの物質は正常な細胞をがん細胞に変異させるとされています。

タバコによる老化現象の原因

上記で説明した以外にも、ビタミンB12を結合するシアン化水素や、アンモニアなど、上げていけばキリが無い量の有害物質を含んでいます。

このタバコがどのように人を老化させるのか確認していきましょう。

タバコももたらす老化現象の原因は、大きくわけて2つあります。

1つがそもそもの有害物質による害。これはニコチン、タールが引き起こす癌や、一酸化炭素が引き起こす酸欠状態など。よく言われているのが、肺がん、食道がんなどです。肺や食道の細胞を傷つけて癌化させたり、毒素を肝臓がろ過するので肝臓が老化するのはわかります。しかし、これが肌や身体の老化現象にどう影響があるのか良くわかりませんよね。

実は、これらの毒素を撃退しようとする抵抗勢力が、タバコの老化現象の原因の大きな要因なのです。これがタバコがもたらす老化現象の原因のもう1つです、。

身体に毒素が入ってくると、その毒素を排除しようとある物質が働きます。それが活性酸素です。

活性酸素は、老化現象の原因の大きな1つ。毒素を排除しようと活動するものの、力が強いので周りの細胞まで傷つけ、機能不能にしてしまうのです。

なんと、1本のタバコを吸うと、1兆もの活性酸素が発生するといわれています。

この活性酸素が与える老化現象は実に様々。むしろ細胞があるところ(つまり人体全て)に影響を与えますので、全身の老化現象につながるということなのです。

タバコによる老化現象

具体的に、どのような老化現象が発生するのか見ていきましょう。ここで挙げるのは一例。前述の通り、細胞を傷つけて機能を奪うので、細胞がある場所はすべて影響を受けるのです。

タバコの害を抑えるアンチエイジングの食べ物

タバコの影響で老化しないためにはタバコをやめることが1番です。しかし、その害を少しでも抑えるために是非食べていただきたいものがあります。

スポンサーリンク