体の場所別で見るアンチエイジングのおすすめ食べ物

スポンサーリンク

人によって体の悩みは様々です。肌のハリが気になる、顔のシミを増やしたくない、血液をサラサラにしたい、口臭を抑えたい、元気な肝臓を維持したい、視力を落としたくない…これらの悩みに対策を取ることは全てアンチエイジングの1つです。

体というのはつながっていますので、基本は体の全体を意識してバランスの良い食生活を心がけたいところ。けれど、もし気になるポイントがあるならば、その悩みを改善するような食べ物を積極的に摂取したいですよね。

体の場所別で調べるアンチエイジングに効く食べ物

ここのページでは、人の体の場所別に、アンチエイジングにオススメな食べ物を紹介したいと思います。もちろん、オススメのものばかりを食べるのではなく、バランスの取れた食生活を心がけて、さらにオススメなアンチエイジング食材を取り入れましょう。

肌のアンチエイジング

人間の老化現象の中で、もっとも見た目で分かりやすいのは皮膚のアンチエイジングです。皮膚は刺激やストレスを受ける場所であり、また体の内部の老化が現れるところでもあります。

皮膚のシワやシミ、たるみ、かさつきなど、人により気になる症状は様々ですが、どの症状でも、1度老化をした皮膚は戻りにくいので、事前の対策や日々の食生活の改善が非常に有効なのです。

肌が若々しいと、それだけで見た目年齢は若く見えます。また肌は体の鏡でもあるので、体内の健康のバロメーターにもなるのです。体からきちんと栄養を摂取して、若々しい肌を目指しましょう。

目、鼻、口、耳のアンチエイジング

顔のパーツである、目、鼻、口、耳。人の五感をつかさどる非常に大事な部分です。これらが老化すると、見た目はもちろんのことその機能に大きな障害が表れます。目が見えにくい、疲れる、味がわからない、唇が乾燥する、耳が聞こえないなど、その現象は様々です。さらにこの老化現象は、目であれば白内障、口であれば歯槽膿漏など、様々な病気の原因にもなります。老化を防ぐアンチエイジングの対策を取る事で、健康に過ごすことを目指しましょう。

心臓、血液、血管のアンチエイジング

人間の体は60兆もの細胞で出来ています。その細胞1つ1つに血管が通っており、血液が栄養を運びます。そしてその血液を体中に循環させるためのポンプが心臓です。

細胞は肌や各種の器官、脳など全てを構成するものなので、血液のめぐりが悪くしっかり栄養が行き届かないと、細胞の老化につながるのです。また、血管内で血液が詰まったりすると、そこから細胞に栄養が行き届かなくなり、疾患や、最悪は死に至ることにも考えられます。

心臓や血管、血液を若く保つことは、アンチエイジングだけでなく、体の健康のためにも必須です。サラサラの血液を、強い血管で運び、心臓に負担をなるべくかけないようにすることを、普段の食生活から心がけましょう。

内臓のアンチエイジング

体の臓器である内臓。消化器官である胃や腸。呼吸をする機関である肺。体中の毒素排出や栄養の分解、再構成に関わる肝臓、そして尿を排出する腎臓。これらの器官は栄養を取り込み、そして体中で効率よく活用するための大事な部分です。

内臓が弱っていると、それは直接見た目にも、感覚にも表れます。肌のあれや、しみ、シワ、たるみ、乾燥や顔色。感覚的にも、冷えを感じたり、だるさや倦怠感を感じたり、老化現象だけに留まらず、健康な生活を送るためには必要不可欠なのです。

若い内臓を保ち、きちんと栄養を吸収し体中に届けるためにも、内臓を元気にする栄養素を摂取し、内臓に負担をかける食べ物や生活を避けましょう。

骨、関節、筋肉のアンチエイジング

体を動かすために必要な、骨、関節、筋肉。これらは毎日の生活を元気欲送り、またエネルギーをきちんと代謝するために必要な部分です。いくら栄養をしっかりとっても、この人間の骨格ともなる場所が衰えていると、見た目にも若々しいとは言えません。

元気で丈夫な骨、関節、筋肉を保つことは、健康な生活を送るアンチエイジングの第1歩です。特に日本人に不足しがちな栄養素などが関わってくる部分でもありますので、意識的に食べ物を調整しましょう。

スポンサーリンク